株式会社きんざんは愛知県名古屋市を中心に焼き鳥居酒屋を展開しています。

金山・刈谷・伏見の焼き鳥 きんざん

TOP会社案内先輩の声橋口店長

株式会社きんざん 金山店 店長 | 金山・刈谷・伏見の焼き鳥 きんざん

株式会社きんざん 金山店 店長 先輩の声1

すべては人と人とのコミュニケーション。
店舗が展開して、会社が大きくなっても
現場では変わらない姿勢で誠実に仕事をしていきたい。

接客が好きで飲食業に。しかしながら技術力はゼロ。

高校卒業後、飲食店に勤務しました。担当はホールで、7年間、接客に徹していました。お客様とのコミュニケーションが楽しくて、接客業や飲食店での仕事は自分に向いていると確信していましたが、キッチンの経験や技術は全くありませんでした。飲食の仕事を続けたい、将来は店を構えたい、と思っても、食についての知識も乏しく、技術力がないことを力不足に思っていたのです。そんなとき学生時代の先輩、須田社長が「1年後に焼き鳥店をやるぞ!」と、声を掛けてくださいました。
そこで7年勤めた店を辞め、2つの焼き鳥店を掛け持ちでアルバイトへ。仕込みや焼き方などの技術を覚えると同時に、店舗の運営の仕方を学びました。「きんざん」のオープンに向かって須田社長と二人で無我夢中で駆け抜けた1年でした。

株式会社きんざん 金山店 店長 先輩の声2

「きんざんの味」を継承しながら、より魅力あるメニューを提案。

焼き鳥はシンプルな料理ですので素材が命。創業にあたり、仕入れは社長と共に厳選しました。また、焼き鳥でその店の味を決定づけるのはタレ。実際に食べ歩いて美味しいと思った店で修行して、師匠に拝み倒して秘伝のタレをいただきました。現在、「きんざん」は創業から8年目を迎えましたが、タレは注ぎ足し注ぎ足しでその歴史は25年以上。受け継いだ味に少しずつ改良を加えながらいまの「きんざんの味」に進化させてきました。3店舗ある「きんざん」ですが、休日にはグループ店を回って、味や提供の仕方などをお客様目線で確認し合ったりすることも。ブレのないいい味が、どの「きんざん」でも提供できていると思います。
また、席数の多い店舗も展開し、客層の幅が広がり、ニーズも多様になってきていますので、新メニューの開発にも力を注いでいます。これまでは自分がリードしてきましたが、社員も増えて斬新なアイデアも提案されるのでは、と思います。みなで意見を出し合って、季節感や新しさが感じられるメニューづくりに取り組みます。

金山店 店長 先輩の声3

人に育ててもらった自分が、これから人にできること

この仕事は楽ではないし、これまでの道のりで苦しさや辛さも味わいましたが、結局楽しかったことしか思い出せない。お客様の「おいしいね」と言ってくださる笑顔が喜びや励みになって、もっとおいしくしよう、今日もがんばろう、という毎日の継続でした。お客様の力はやっぱりすごい、と痛感していますし、「いらっしゃいませ」とお迎えするときから、感謝の気持ちでいっぱいになります。
また、思い返せばここまでの会社の成長も自己の成長も、人との出会いや繋がりがもたらしてくれた、と実感しています。食材、広告媒体などの業者さん達が運んでくれる情報からも数多くのことを学びました。店長になって3年目ですが、売上の向上や店舗や会社の運営、人材育成など、重責を感じていますし、課題は山ほどありますが、今後、それに取り組む段階で自分が会得したことを仲間と分かち合える喜びも膨らんでいくと思います。
そして、自分はやっぱり人が好き。食を通じてたくさんの人々と関われるこの仕事に誇りを持っています。お互いに成長できる新しい仲間との出会いも楽しみで、胸が躍ります。

メッセージ

最初はお客様に挨拶すらできなかったスタッフが、大きな声と笑顔でお客様に「いらっしゃいませ!」と言えるようになって、楽しそうに会話しているのを見るとうれしい。そういえば、最近怒ってないな、と思ったときも、後輩達がやれるようになったのだなあ、と喜ばしく思います。「株式会社きんざん」は熱い人間ばかり。一歩ずつでもあなたが前進しようとすれば、共に歩き出してくれる先輩や仲間が待っています。今後、店舗数が増えて、会社が大きくなっていっても現場が変わることはない。美味しい料理を提供することはもちろん、来店からお帰りになられるまでの時間を心地良く過ごしていただくために、お客様に気を配り、顔や表情でお客様がいま何を求めているのかを察して、質の高い接客、おもてなしを心がけていきます。人が大好き、という人にぜひ仲間に加わってほしいと願います。

  • きんざん金山本店
  • きんざん名駅三丁目店
  • きんざん名駅四丁目店
  • きんざん伏見店
  • きんざん刈谷店
  • しんざん